フェルト マスコット 作り方

フェルトでマスコットを作ってみましょう!

まず、原画(型紙)のイラストを用意します。

私の場合は、ファイヤーワークスを使って描きました。パソコンで描くことが難しい場合は、色えんぴつなどで描いても良いかと思います。

次にトレーシングペーパーを上に載せてえんぴつでなぞり、トレースします。
各パーツに分けて描きます。まずは、頭の部分から。 ↓

できたら、輪郭にそってトレーシングペーパーをはさみで切り抜きます。↓

今度は、フェルトの上に切り抜いたトレーシングペーパーを乗せてテープで固定し、はさみでカットしていきます。(セロテープで固定するとずれないで切ることができます。)↓

トレーシングペーパーをフェルトの上に乗せたまま、 刺しゅう糸で、前髪の毛と口、
そして、まつげを縫います。

前髪は『アウトライン・ステッチ』という方法で縫いました。
アウトライン・ステッチの縫い方は下の通りですので参考にしてみて下さい。↓

縫い終わったら、トレーシングペーパーを外します。

トレーシングペーパーをはがすときは慎重に行ってください。無理にやると糸まで切れてしまいそうになります。フェルトと糸に優しくやさ〜しく!!

目の玉(黒)と光(白)を作ります。
型紙を切り抜き、フェルトの上に乗せてテープで 固定します。 ハサミで、それぞれを切り抜いていきます。

切り抜きが出来たら、それぞれを重ね合わせて、 手芸用のボンドで貼り付けます。
じゃっかんいびつになってしまいました。 『円』を切り抜くのは結構難しいですね。↓

素材の準備が整ったら、いよいよフェルトを縫いあわせていきましょう!

刺しゅう糸は通常、6本束になっているので、その内の一本だけを抜き取って使います。↓

可愛く目を接着したら、 表地と裏地を縫っていきます。
頭の部分だけ残し、8割ほど縫います。(後で、綿をつめるための穴)

ここでは簡単に 『巻きかがり』 で縫いあわせました。

頭から綿を詰め込みます。
思った以上にたくさんの綿を入れました。ここで少ないと、出来上がったとき、ペッタンコになってしまいます。ボリュームがあった方が可愛いかな?
詰め終わったら、最後まで縫います。 ↓

さあ!フェルトのマスコット作りもいよいよ大詰めです。

帽子のつばの部分と、マスコットの黒い部分を作ります。
型紙を切り抜き、フェルトの上にテープで固定して 切り抜きます。

頭の前と後ろをつくります。 顔の部分はくりぬいておきます。

それぞれ、表と裏を合わせて縫っていきます。↓

胴体も同じく作っていきます。↓

最後に頭と胴体をつなげて出来上がりです。
可愛いフェルトのマスコットができました。
最終的に手と足は本物のオニキス玉にしてみました。↓

広告
ページトップ↑